iPhone修理で店舗に預けるとき個人情報は漏れない?

iPhoneを店舗に預けて修理してもらう際、個人情報が漏れることはない?しっかり守られる? - iPhone修理で店舗に預けるとき個人情報は漏れない?

iPhone修理で店舗に預けるとき個人情報は漏れない?

iPhone修理で店舗に預けるとき個人情報は漏れない?

略してスマホと呼ばれることの多いスマートフォンは、今や国内における普及率が約50パーセントを占めています。
従来型の携帯電話(フィーチャーフォン)の所有率は年々減る一方ですが、スマホは増加傾向にあり、特に10代から20代の男女への普及率が高く70パーセント以上がスマホを利用しており、この傾向は今後さらに高まることでしょう。

iPhoneとAndroid

tjydtjytd
ところで、スマホについてあまり知らない人がよく「スマホ」と「iPhone」という使い分けをしているのですが、iPhoneもスマホのひとつの機種です。
スマホは採用しているOSの違いによって大きく2つの種類に分けられ、ひとつがGoogleの開発したAndroid(アンドロイド)というOS、もうひとつはアップル社が開発したOSでこれが「iPhone」です。
一般的にiPhoneはAndroidよりも高性能であるといわれますが、Androidも近年その品質は高まっているので今ではさほどの性能差はないといえるでしょう。
以前iPhoneはソフトバンクでしか契約できなかったのですが、今ではドコモやauでも購入・契約が可能となっています。
したがってどちらを選ぶかは使用する人の好みといってもいいのですが、実は大きな違いがいくつかあるのです。

異なるポイント

まず、使えるアプリの種類ですが、Androidのアプリは開発や販売が自由なので有料・無料ともにたくさん存在しています。
しかし、それゆえにクオリティもいろいろで、中にはウイルス的な働きをするアプリの存在もあるというのが実情です。
iPhoneはアップル社の厳しい審査を受けた有料アプリしか入手・購入できませんから、安全性、品質共に一定レベルを超える点は安心といえます。
また、Androidは携帯キャリアによって自由に開発できることから、ボタンの配置や操作性などが機種によって違います。
つまり、機種変更をすると操作方法などが変わってしまう場合もあるので慣れるまでに時間が掛かることもあるというわけです。
iPhoenはデザインや操作性が初期モデルから一貫しているので、機種変更をしたり今後新しい機種が発売されても戸惑うことはないと考えられます。
販売されているアクセサリーは、iPhoneのほうが種類も数も豊富です。
iPhoneはカバーやケース、スピーカー、マイク、キーボードなどの専用アクセサリーが充実していますが、Androidはその点不利です。
なぜなら携帯キャリアからいろいろな機種が販売されていることからすべてに対応できるアクセサリーを作ることは難しく、1機種あたりのアクセサリーは少なくなりがちだからです。

修理に出す際の注意

ところでiPhoneを使っていると、落として画面のガラスを破損したり水没させて動かなくなったり、そこまでシビアな状況でなくても動きが悪くなったりと、いろいろなトラブルが起こることは避けられません。
そんな際には多くの人がそのiPhoneを購入した携帯キャリアに持ち込むかと思いますが、やはり気になるのは個人情報は大丈夫なのかという点でしょう。
個人情報漏れは現代においては非常に重要なポイントですから、もちろん携帯キャリアでは充分な対応を取ってくれるので漏えいという点については心配はいりません。
しかし、データの消失は避けることができません。
というのが、携帯キャリアでは修理はメーカーに出すのですが、個人情報の関係で個人データの扱いが難しいためなのです。
したがって、iPhone修理に出す場合にはきちんと必要なものはすべてバックアップを取っておかなければあとで泣くことになりますよ。
iPhone修理にかかる時間と料金
■iPhone修理のモバイルフォンプロテクター「モバプロ」
■http://mobilephoneprotector.jp/

更新情報

ページ上に戻る